海田の整体なら「はぴねす整体院 海田院」

 

  

骨盤の歪みを整えることで身体は変わります!

 

nakasaka

骨盤周りの痛みや違和感で悩まされている方もおられると思います。

レントゲンを撮っても特に異常が無かったりなど骨盤周りの症状には多いことです。

特に女性の場合、妊娠中に分泌されていた「プロゲステロン」というホルモンなどにより骨盤周りの靭帯を緩めることで骨盤が開きます。出産後ある程度は「リラキシン」というホルモンで骨盤は閉まりますが完全ではありません。その為、骨盤ケアを行わなかったことで骨盤が歪んだまま固まってしまい、痛みがでてくる方が多いです。

湿布や薬、注射やコルセットなどをしても半年以上症状が改善されない、悪化している場合は、根本的な原因にアプローチできていない可能性があります。

どの部分の筋肉が圧迫されているか、どこに、どんな症状がでているかだけでも皆さん違っています。それに加えて、体格、運動歴、生活習慣も全く同じ、という方はいないと思います。

だからこそ悩みの原因をカウンセリングでしっかりお伺いして、そこにアプローチしていくことで骨盤周りの痛みは改善する事が可能です。

 

症例報告 50代 女性

こちらの方は、来られる3週間前に転倒して右膝を打ち、そこから右の骨盤周りに痛みが出るようになりました。

身体の状態をカウンセリングさせていただくと、背骨がまっすぐになっていない場所があり、特にお仕事で長時間のデスクワークからその歪みが強くなる傾向がありました。

その際に骨盤に存在する関節(仙腸関節)にストレスが繰り返し働き、そこから症状が出て、右のお尻に痛みがあるのではないかと考えました。

それを踏まえて、背骨がまっすぐになるように骨格調整し、座っているときにバランスが崩れ歪みが強くならないように、骨盤周りの筋肉や関節へバランスを保てるようにする施術も行いました。

 

初回~4回目

1回目の施術では歪んで動きにくくなっていた背骨と骨盤の調整と、骨盤周囲の筋肉に対して施術を行いました。痛みもまだあった為、痛みのある周辺の関節に動きをだす施術を行なうことで痛みに改善が見られたので実際に普段の生活で反応を確認しました。

2回目の施術では前回の施術後には状態が変化しているのですが、お仕事での立ち座りの機会が増えると症状が出てしまっていたので、立った時のバランスも改善するように足関節、股関節の位置を修正する施術もプラスして行いました。

3回目では、立つ瞬間のバランスも改善する施術もプラスしたことで、痛みもかなり落ち着き、普段の生活でも立ち上がりなど、良い状態での持続時間が長くなってきました。

4回目の施術で痛みもほとんどなくなり、5回目の施術時には、もともと悩んでいた肩こりの改善も見られました。

この方は日常から足を組んで座ったり、座ってる時の重心の位置が片方に乗りやすいなどの原因で背骨や骨盤周りに痛みが出ていました。

結果として、立ち上がり時の歪みが少なくなり、骨盤周りの痛みが改善し日常生活での悩みから解放されました。

 

お喜びのコメント

趣味の登山を再開することができるようになりました

来院する3週間前に段差につまずいて転倒した際に、右の骨盤の上付近を痛めてしまいました。立ち上がる時や、階段を登るときに特に強い痛みがありました。あまりにも痛みが強いので痛みのある部分に湿布を貼ってみましたが、痛みは軽減するどころか、湿布を貼ったところが赤くかぶれてしまいました。このままでは趣味の登山ができなくなると不安になり、どこかに施術を受けに行こうと思った時、職場の近くでよく前を通っていたはぴねすさんを思い出したことがきっかけです。

施術を受けて、1回目、2回目と回数を重ねるごとに骨盤周りの痛みが改善していきました。あんなに痛かった、立ち上がる動作や階段を昇る動作が痛みなくできるようになりました。また、長年悩んでいた肩こりもとても楽になりとても嬉しいです。

趣味の登山がこのままではできなくなるのでは、、、と不安に思い落ち込んでいましたが、3回目の施術を受けた後からまた登れるようになり、大変嬉しかったです。

体の1部分でも痛みがあると憂鬱になってしまいがちですが、はぴねすさんの施術を受けることで少しずつ体が楽になっていくのは気分も晴れ晴れとし体も元気になっていいことばかりです。自分の体のメンテナンスが大事だと気付かされました。迷われている方は一度ぜひ施術を受けることをおすすめします。

 

(T・Tさん 50代 女性)

※効果には個人差があります

 

梨状筋の硬さだけが原因ではなかった!

 757f5bda-6280-4dd2-ae12-ea2a0e77f8c6-0

 お尻の筋肉(梨状筋)が硬くなる事だけが、坐骨神経痛の原因だと思われている方も多くいらっしゃると思います。

もちろん梨状筋が硬くなることで神経が圧迫されて坐骨神経痛が現れている方も多くおられます。また、腰椎椎間板ヘルニア、脊柱管狭窄症など腰の疾患と深い関係もあります。

お尻の筋肉、梨状筋を緩めることはもちろん大切ですが、腰などの根本的な原因にアプローチすることが大切です。

症例報告 40代 男性

今回施術を受けられた方の場合はお尻の筋肉が硬くなってしまうことで、坐骨神経を圧迫してしまう坐骨神経痛(梨状筋性坐骨神経痛)を発症していたことがカウンセリングで判明しました。さらに細かいカウンセリングと検査を行っていくと梨状筋性坐骨神経痛を引き起こしてしまう根本的な原因は普段の姿勢からくる背骨・骨盤の歪みにあったことが明らかになりました。 

普段から足を組んだり、床にあぐらをかいて座っていたり、猫背気味な姿勢になっていることで背骨・骨盤が歪み、梨状筋を圧迫しやすい状態になっていました。

初回~5回目

身体の状態を検査したうえで行った施術は、1回目は歪んだ背骨骨盤を整え、神経痛の症状を緩和するために梨状筋あたりの緊張を取る施術を行いました。

2回目、3回目はお尻周りだけでなく、負担がかかっている筋肉を緩めることで根本的な改善を目的として腰や太ももの裏側、股関節やお腹まわりの筋肉の緊張を取る施術を行いました。

3回の施術後には症状はかなり改善したので4回目以降は背骨・骨盤の調整、筋肉の調整だけでなくストレッチや軽いエクササイズを入れていきました。ストレッチを行うことでいい状態を身体が維持できるようにステップアップしました。

5回目には寝ていて起き上がる時の痛み、仕事中に起きる痛みは改善し、現在はこのいい状態を日常生活を送りながら維持できることを目的として通院をしていただいています。

今回施術を受けた方の場合、梨状筋が原因で起こる坐骨神経痛だったのですが、その梨状筋が神経を圧迫してしまう根本的な原因に普段の姿勢、座っている時の座り方による背骨、骨盤の歪みが関係していました。

施術も痛みがあるところだけでなく、背骨や骨盤の調整とそれを維持して頂くためにご自身でもお尻の筋肉を緩めるストレッチや本来の姿勢を意識して頂いたり、腹筋や体幹トレーニングといった骨盤まわりのエクササイズをしていただくことで症状が早く改善していきました。

お喜びのコメント

不安なく仕事ができています!

IMG_2617

 

1カ月くらい前に寝て起きたら急にお尻から足にかけての痛みが出てきました。すぐ治まるだろうと思って放っておいたら段々痛みが強くなっていき、不安になりました。

痛みが強かったので病院に行ってレントゲンを撮っても異常はなく、痛み止めと湿布を処方されただけでした。

それだけではあまり効果はなく、「このままでは仕事ができない」と思いインターネットで色々調べていたところ、はぴねすさんを見つけました。

施術を受ける度に痛みが軽減され、5回目の時にはほとんど痛みはなくなっていました。

痛みを取るだけでなく、予防する身体づくりも同時におこなってくれたり、痛みのあるところだけでなく全身を施術してくれるのでとても楽になります!

(K・Oさん 40代 男性)

※効果には個人差があります

 

脊柱管狭窄症は予防できる!

IMG_5347_Original脊柱管狭窄症は手術しないと改善しないと思われている方が多くいらっしゃいます。

もちろん症状によっては手術適用の方が良い場合もありますが、それ以外の場合は手術せずに改善する方もたくさんおられます。

その為には悩みの原因にしっかりアプローチしていくことが大切です。
湿布や薬、注射やコルセットなどをしてみても、半年以上症状が改善されない、悪化している場合は、根本的な原因にアプローチできていない可能性があります。

一言で脊柱管狭窄症と言っても、どの部分が狭くなっているか、どこに、どんな症状が出ているかだけでも皆さん違っています。それに加えて、体格、運動歴、生活習慣も全く同じ、という方はいないと思います。
だからこそ悩みの原因をカウンセリングでしっかりとお伺いして、そこにアプローチしていくことで脊柱管狭窄症は改善する事が可能です。

症例報告 60代女性

こちらの方は、歩くときに、ももの裏のつっぱりと痛みがあり10年前に病院で脊柱管狭窄症と診断されました。

病院では電気をかけるだけで、一向によくならなかったとのことです。
体の状態をカウンセリングさせていただくと、背骨がまっすぐになっていない場所があり、特に歩く時にその歪みが強くなる傾向がありました。
その際に脊柱管を圧迫するストレスが繰り返し働き、そこから坐骨神経に沿って症状が出て、ももの裏のつっぱりと痛みがあるのではないかと考えました。

それを踏まえて、背骨がまっすぐになるように骨格調整し、歩く時にバランスが崩れ、歪みが強くならないように、改善する施術も行いました。

初回~2回目

1回目の施術では歪んで動きにくくなった背骨の調整と、周囲の筋肉に対して施術を行いました。動きの改善が見られたので実際に普段の生活で歩いてもらい、反応を確認しました。

2回目の施術では前回の施術後には状態が変化しているのですが、歩く機会が増えると症状が出てしまっていたので、歩くバランスを改善する施術もプラスして行いました。

3回目以降

3回目以降は、歩くバランスを改善する施術をプラスすることで、良い状態での持続時間が長くなっていきました。

6回目の施術で症状が半分に改善し、12回目の施術時には、ももの裏のつっぱり感と痛みが気にならない状態で歩くことができる様になりました。

この方の脊柱管狭窄症の根本原因は歩く時に背骨の歪みが強くなることにより、神経を圧迫し、坐骨神経に沿った、ももの裏のつっぱり感と痛みがでてしまっていました。
結果として、歩くときの歪みが少なくなり、ももの裏のつっぱりと痛みが改善し、歩くときの悩みから解放されました。

お喜びのコメント

「何年も続いていた太もも裏の痛みが取れて歩くのが楽になった。」

IMG_30532

10年前より腰痛があり、病院で脊柱管狭窄症と診断されました。徐々に歩く時に、太ももの裏がつっぱるようになって、5分以上歩くのに困っていました。

病院では電気を当てるだけで、なかなか症状は良くならずに困っていました。
自分でもヨガをしてみたり、ポールを使ってマッサージしてみましたが、全く変化がありませんでした。

そんな時にインターネットで脊柱管狭窄症と検索してはぴねす整体院を知りました。

施術をしてもらい初回に太ももの裏のつっぱり感が減少し驚きました。
最初は施術後から少し期間があいてしまうと、太ももの裏のつっぱり感がもどっていましたが、
「歩く時に背骨の歪みが強くなりそれが脊柱管を圧迫して、坐骨神経に沿って痛みとつっぱり感が出ています。」と言われ、く時にバランスが崩れないように施術してもらうと、徐々に、ももの裏のつっぱりと痛みがとれて、歩くのが楽になりました。
何年も続いていた歩く時のつっぱりと痛みが取れてとても感謝しています。

マッサージも数々通いましたが、どれも改善にはいたらなかったのですが、はぴねす整体院の施術を受けてみて、何年も続いていた辛いもも裏のつっぱり感が取れて歩行が楽になり、とても感謝しています。

考えて色々なことをするより、まず予約してみましょう。

(I・Nさん)

※効果には個人差があります

海田の整体なら「はぴねす整体院 海田院」 PAGETOP